ウォーターサーバーは他社のボトルは使えません

subpage01

ウォーターサーバーではそれぞれのメーカーごとに、ボトルが異なる特徴があります。


ボトルの差込口を見ただけでは、別のメーカーのボトルを使用しても設置できるのではないかと感じるかもしれません。

メーカーが使用している水の種類は、ミネラルなどの成分が同じように見えるものであっても実際には全く異なるものとなります。

採水地が近い地域であっても、同じ場所で採水しているわけではありません。
そのためにメーカーごとに使用しているボトルは違うものですので、異なるメーカーのものを使用しないほうが良いと言えます。メーカーによって自社のサーバーで、他社の飲料水の使用を認めていないことや、使用法を間違えたときに発生した損害は一切負えないということが、取扱説明書に記載されています。



そのために故障や破損が発生したときには、修理代は全額にわたって自己負担となりますし、レンタルのウォーターサーバーの場合には買取扱いになってしまいます。

厳選したAll About情報サイトを活用しましょう。

ウォーターサーバーの買取のときには、数万円から数十万円の出費がかかると考えられますので、勝手に他社のボトルを設置することはおすすめできません。



ボトルの差込口に関しては、メーカーごとに独自の形状が採用されているために、見た目が似ている場合であっても差し込むことができないようになっています。無理に別のメーカーのボトルを差し込んでしまったときには、最悪の場合には水漏れや漏電の可能性もあるので十分に注意する必要があります。

納得の知識

subpage02

これからウォーターサーバーの導入を考えている場合、どのような準備が必要になるのか、しっかりと考える事が大切になります。契約なども業者毎に違いがありますが、それぞれの契約内容をしっかりと把握して、選ぶ事が大切になります。...

NEXT

対策方法

subpage03

ウォーターサーバーを自宅に置こうか迷っている人の中には、浄水器とどちらが良いか考えている人もいるでしょう。ウォーターサーバーの仕組みは、天然水やRO水などの水の種類を選択して飲料水用として一定量の購入をします。...

NEXT

みんなの常識

subpage04

料理に欠かせない、美味しいお水ですが、こだわる方は非常に多いようです。しかし、一般の家庭では、水道水で料理を行っている事も多く、その重要性に気づいていない方も多いのではないでしょうか。...

NEXT

水の情報まとめ

subpage04

美味しい水が飲みたいと思っても、その都度近くのスーパーやコンビニで購入してくるのは、持ち帰りが大変で購入自体を躊躇してしまいます。自転車の荷台に乗せて帰ればいいと思っても、一箱単位で購入した場合その重さはかなりのものです。...

NEXT