ウォーターサーバーは他社のボトルは使えません

ウォーターサーバーではそれぞれのメーカーごとに、ボトルが異なる特徴があります。

ボトルの差込口を見ただけでは、別のメーカーのボトルを使用しても設置できるのではないかと感じるかもしれません。

メーカーが使用している水の種類は、ミネラルなどの成分が同じように見えるものであっても実際には全く異なるものとなります。

採水地が近い地域であっても、同じ場所で採水しているわけではありません。
そのためにメーカーごとに使用しているボトルは違うものですので、異なるメーカーのものを使用しないほうが良いと言えます。



メーカーによって自社のサーバーで、他社の飲料水の使用を認めていないことや、使用法を間違えたときに発生した損害は一切負えないということが、取扱説明書に記載されています。
そのために故障や破損が発生したときには、修理代は全額にわたって自己負担となりますし、レンタルのウォーターサーバーの場合には買取扱いになってしまいます。



ウォーターサーバーの買取のときには、数万円から数十万円の出費がかかると考えられますので、勝手に他社のボトルを設置することはおすすめできません。


ボトルの差込口に関しては、メーカーごとに独自の形状が採用されているために、見た目が似ている場合であっても差し込むことができないようになっています。



無理に別のメーカーのボトルを差し込んでしまったときには、最悪の場合には水漏れや漏電の可能性もあるので十分に注意する必要があります。